ED(勃起不全)に悩んでいる人はどのくらいいるの?

ED(勃起不全)とは?

精力剤 勃起不全

 

ED(勃起不全)は、昔インポと呼ばれていましたが、インポテンツが「不能」という差別用語のため、ED(勃起不全)と呼ばれるようになりました。

ED(勃起不全)とは何かというと

・勃起しない

・中折れしてしまう

・勃起しても硬くならない

・挿入前に萎える

これらを全て含んで、ED(勃起不全)と呼ばれています。 つまり充分に勃起しないため、満足にセックスができないことを言います。

ちなみにEDと似ている用語でSD(性機能障害)と呼ばれるものがあります。

「性欲」「勃起」「性交」「射精」「オーガズム」のどれか1つでも障害があればSD(性機能障害)です。

ED(勃起不全)とはSD(性機能障害)のうちの一部ということになります。 ただSD(性機能障害)のなかでも圧倒的に多いのがED(勃起不全)です。

ED(勃起不全)の割合は?

日本におけるED(勃起不全) の推定患者数は約1000 万人を超えています。 これは成人男性の5人に1人以上はED(勃起不全)という事になります。

ちなみにアメリカのED(勃起不全)患者は3000万人以上といわれており、10人に1人以上がEDという事になります。

アメリカ人よりも日本人の方が割合で言うと2倍もED(勃起不全)に悩んでいる方が多いとは驚きですね。

下記は、年齢別のED(勃起不全)患者の割合です。

20~30代 20人に1人(5%)
40 代 5人に1人(20%)
50 代 5人に2人(40%)
60 代 3人に2人(60%)

40代なるとED(勃起不全)になる確率がグンと跳ね上がります。 そして60代からはED(勃起不全)であることが当たり前になってきます。

 

ただ老化によって性機能は衰えても、性欲が衰えるわけではありません。 むしろ、性欲は40代、50代よりも60代70代の方が高まるとも言われています。

ただ、性欲がいくらあっても、ほとんどの方は勃起しないため、男としての自尊心が傷ついているが現実です。

>>ED(勃起不全)のレベルと原因について