出会い系サイトで出会った貧困女子と援交のはずが、まさかの本気で生セックス!

出会い系サイトのPCMAXで貧困女子の募集をしてみた

本サイトに寄せられた東京都在住のRさんの体験談をご紹介します。

ムラムラして性欲が抑えられないなんて事がたまにありますよね。彼女がいればいいけど、付き合ってる女性が今はいないので、僕はそんな時風俗に行きます。

でも風俗に行きすぎたせいか、100%満足できないんですよね。だっていかにも相手はプロだし、時間も気にしないといけないじゃないですか。

風俗嬢をあと少しでイカせれると頑張っていても…
タイマーのピピピーッ….ピピピーッ…ピピピーッ…という時間の終わりを告げる音で中断です。

そこで風俗嬢も素に戻ってしまうので、延長する気にもなれず不完全燃焼のまま。そんな感じで風俗では物足りなく思っていた僕に、風俗よりはもっと心が満たされる遊びを見つけました。

それは….出会い系サイトで援助交際の相手を見つけることです。確かに100%心が満たされるかといえば、そうではありませんが風俗で遊ぶよりは数倍ましです。

何せ相手は素人で、要求している条件だって上手くいけば全然変更可能だし、本気でイカせることも度々あります。約束では1時間のはずが、結局4~5時間もずっとエッチしていたりすることも….

そんなわけで今回もPCMAXという出会い系サイトで今から会える女の子を物色してみようと思いました。

ただ今回は、今社会問題にもなっている『貧困女子』と言われる女性がかなり出会い系で助けてくれる男性を求めているので、探してみようと思いました。

ちなみに貧困女子を説明すると給料が少なく、貧しい生活をしている女性の事です。そのままじゃん。ってつっこみはしないでください。笑

貧困女子になる理由としては、正社員になれないでフリーターというのも多いのですが、派遣や正社員でも給料が少ないという女性もいます。

それなのに収入に見合わない出費があり…友達と食事したりスマホ代もかかったりとそのため普段の生活さえも困っている女性です。

だから貧困女子のなかには、食事代を浮かせるために出会い系でご飯をおごってくれる人を募集したり、体を提供して見返りをもらったりしている女性がいます。

これってすごく狙いめじゃないですか。素人女性とセックスができる。

ただし、出会い系で貧困女子を探すには戦略が必要です。出会い系で大々的に援助交際を募集しているのは、ほぼ援デリ業者ですからね。

出会い系の掲示板から援デリ業者と貧困女子を見分けるのは難しい。

ならば、自分で掲示板に投稿するまでです。次のような文章で掲示板に投稿しました。

書き込みのなかに援デリ業者を排除する2つのポイントがあります。一つ目はこちらから会う場所を指定するという事です。

援デリ業者は必ず待ち合わせ場所を指定してきます。こういう出会い系の待ち合わせはすっぽかしも多いですからね。遠方へ女性を派遣してすっぽかしを食らったら目も当てられません。

往復する時間や交通費が無駄になりますから、絶対に商売しているエリアから離れようとしません。だからこちらの指定のする場所で会うという女性がいたら素人女性の可能性は限りなく高いという事になります。

そして二つ目は、食事をするという事です。援デリ業者は商売のため、金にならない無駄な時間には付き合おうとしません。喫茶店や食事に応じるのはほぼ素人女性と考えていいかと思います。

この2つの条件をクリアする女性は、間違いなく素人女性です。

貧困女子のみゆきちゃんと実際に会うことに!

掲示板を見たという3人の女性からメッセージが来ました。そのなかから写メがかわいかった25歳のみゆきちゃんと会う事にしました。

ちなみに写メも「マスクしていいけど、まゆげを指さしたポーズで送ってね」と要望したら、ちゃんと送ってくれました。完璧に本人なのがわかります。笑

それからすぐに池袋駅の近くで待ち合わせすることに。待ち合わせ場所で待っているみゆきちゃんがやってきました。写メ通りにやっぱりかわいい。僕のテンションと股間が最高にMAX状態に!

パスタ屋で食事しながら軽く談笑、食べ終わってから条件の話をしました。ちなみにみゆきちゃんからエッチの条件として、ゴム有りで2希望という事でした。

僕はもちろん、パチンコで大勝したという嘘も書いていたので、みみっちく値切ることもなくOKを出して、それから近くのホテルへ向かいました。

貧困女子のみゆきちゃんとホテルでセックス

ホテルの部屋に入るとみゆきちゃんの服を脱がしていきます。

みゆきちゃんは着痩せするタイプだったらしく意外と大きな美乳で、しかもムッチりとした太ももがおいしそう。みゆきちゃんをベッドに寝かせ、乳首をチュパチュパとしゃぶり、舌でなめまわす。

「みゆきちゃん。肌がツルツルじゃん。触り心地いいよ。それになにこの美乳・・・たまらんねえ。」

美乳のおっぱいやくびれたウエスト、太ももをべろべろ舐めていきます。

「よーし、おまんこ舐めるよ!」

シャワーも浴びず、みゆきちゃんのおまんこをクンニすると..

しょっぱい味とオシッコが混ざったような何ともいえないおまんこの味がする。

いやぁん…やだぁ…ああっん…ダメ…。

本気で感じてきているので、みゆきちゃんはクンニをかわそうと必死に抵抗するけど、こっちもおまんこから顔を離しません。べちょべちょ…レロレロ…チュパチュパとおまんこを集中攻撃です。

いやぁぁん….い….いくぅ….

みゆきちゃんは体をびくっとさせたかと思うと、ぐったりしてオーガズムに達しました。

「どう?気持ち良かったでしょ。」

「ちんこ入れるよ。」

生のちんこを膣の入口に当ててみる。

はんっ!やだ…生で入れちゃダメ….。

みゆきちゃんは、口ではダメと良いつつも体の方は全く嫌がる素振りはない。膣の入口がちんこを迎え入れようとピンク色の肉ヒダが脈を打つように動き出す。

ズブッとちんこを膣に挿入すると…

ああぁん….気持ちいいぃぃ…

僕の目の前で快楽に悦ぶみゆきちゃんを見ながら、キスをしたくなりました。腰を激しく振り、みゆきちゃんの顔を手で抑えながら顔を近づけていき、みゆきちゃんの唇に吸い付きました。

そして激しくベロチューをしながら、腰を振っていると強烈な射精感がこみあげきて….

「あっ….い…いくよ。」

ちんこをみゆきちゃんの膣から引き抜き、お腹の上にドピュ..ドピュっと白い精子を放出しました。

しばらくしてベッドに横になりながら、一応あやまっときました。

「ごめんね。言われてた条件守れなかったよ。」

「うん。きっと大丈夫だと思う」

僕はお詫びに1万円をみゆきちゃんに渡しました。

みゆきちゃんは、「ありがとう」と言って僕にキスして抱きついてきました。

風俗ではここまでの満足感はとても味わえません。ますます出会い系にはまっちゃいそうです。

↓↓↓こちらからの登録でメッセージ20回(1000円分)のポイントゲット!↓↓↓


>>PCMAX(ピーシーマックス)の特徴【おすすめポイントと知っておきたい攻略法】