巨乳ぽっちゃりメガネっ娘と出会い系でセックスができた!僕の体験談

巨乳でぽっちゃりのメガネっ娘を出会い系サイトのPCMAXで見つけた

本サイトに寄せられた東京都在住のWさんの体験談をご紹介します。

メガネフェチ少々デブ専の僕は、メガネをしたぽっちゃりの女の子がすごいタイプです。今まで付き合った女性は全てぽっちゃりと太った体型で、メガネは掛けたり、掛けてなかったりでしましたが、出来ればメガネがあった方が萌えます。

でも、なかなか自分の周りには「メガネを掛けたぽっちゃり太った女の子」がいません。


そこで、出会い系サイトを使う事にしました。使ったのはPCMAXというサイトです。このサイトは出会い系サイトのなかでもかなり大手だし、知名度もあるので女の子の登録も多いから、たまに利用しています。

PCMAXでは、キーワード検索というのが出来ます。僕みたいなこだわりがある人だったら、絶対に使うべき機能ですね。

入力するキーワードは、「メガネ ぽっちゃり 東京」です。これでプロフィール検索すると「東京に住んでいるメガネをしたぽっっちゃりの女の子」が見つかります。

21歳のほのかちゃんという、真面目そうな女の子が見つかりました。

ほのかちゃんのプロフィールにはこう書いてありました。

見た目は地味ですが、性格は明るい方です。小説やアニメが好きです。小説やアニメの知識豊富な人だと泣いて喜びます。色気は全くない残念系な私ですがヨロシクお願いします。

「めっちゃタイプじゃん!」

僕はほのかちゃんにメールを送りました。

出会い系サイトはプロフィールを充実させるのがとても大事

次の日にほのかちゃんから、「プロフィールを見たけど、面白そうな方ですね。よかったらメールしませんか?」と返事がきました。


ここで出会い系でのちょっとしたアドバイスをしたいと思います。出会い系においてプロフィールは物凄く大切です。まず女性は相手がどんな人かプロフィールでチェックしますからね。絶対に手を抜いてはいけません。


ほとんどの男性はプロフィール作成をないがしろにしています。見ていてもったいないです。逆に言えばプロフィール設定に時間をかけて作りこめば、それだけでライバルに1歩も2歩もリードすることになります。


ほのかちゃんにも後で聞いたのですがメールに返信をくれた理由は、僕のプロフィールを見て、楽しそうだし、きちんとした人に思えたからだそうです。

それからほのかちゃんと1ヶ月ほどメールのやり取りが続きました。ちなみにほのかちゃんは、学校関係の事務職員でした。


ここ数年は、男性と出会う機会もなくて、寂しい思いをしていたらしい。ストレス発散もあり、出会い系で男性を探していたそうです。


僕はそれほどアニメは詳しくないけど…。でもぽっちゃりメガネっ娘と付き合うため頑張るぞ!と気合いを入れてメールのやり取りをしました。

それから、ほのかちゃんとの仲がだんだん縮まってくるのが実感してきたころ。職場の話題になり、同じ千代田区だったので「今度仕事帰りに食事でもしよう」とついにアポに成功しました。

実際にぽっちゃりメガネっ娘に会えた!

実際に会ったほのかちゃんは、ロングの髪をかっちりとまとめ、僕のタイプのままのぽっちゃりメガネっ娘そのままの女の子でした。それにしてもメガネがよく似合う最高じゃん。

「それじゃこの近くに美味しいお店があるので行きましょう。」


予約していたレストランで、牛フィレ肉のステーキを堪能しました。お肉が食べたいとほのかちゃんが言っていたので、めっちゃ高いけど、念願のぽっちゃりメガネっ娘ですから奮発しました。

ワインも飲みながら、ほのかちゃんと楽しいおしゃべりが続きました。

ちょっと酔っちゃったみたい

ほのかちゃんはお酒は好きだけど、それほど強くないと言っていた通り、ワインを3杯そこそこなのに、顔が赤く火照ってるのがわかります。


「店を出て酔い冷ましに少し歩く?」

レストランを出て歩くとほのかちゃんは僕にしなだれるように寄ってきました。僕はほのかちゃんの腰に手をまわし、顔を引き寄せキスをしました。

ほのかちゃんは抵抗せず、受け入れて舌をからめてきます。僕もほのかちゃんの口の中に舌を入れて応戦します。

ほのかちゃんの口から熱い吐息が…「ああんっ..はぁはぁ…

もう僕のチンポはカチカチに勃起し、飛びかかりたい衝動に駆られてしまいました。

ぽっちゃりメガネっ娘とホテルで念願のセックス

「ホテル行こう」

もう短刀直入に言うとほのかちゃんもメガネ越しに瞳をうるうるさせながらコクリとうなずきます。



ホテルの部屋に入るとずっと我慢していたエロの欲望が大爆発です。ちんぽを勃起させていた僕はほのかちゃんに飛びつき、ベッドに押し倒しました。

服の上からおっぱいをもみもみして、唾液べったりのキスをしまくります。

あんっ!いやん…はぁ..はぁ..

ビンビンに勃起したチンコをわざとほのかちゃんの太ももに押し当ててみます。

んふ・・・うン・・・はぁ・・・すごい..おおっきい…

メガネをかけたほのかちゃんの表情がちょっと上気していて、たまらなくエロイ。ほのかちゃんの服を脱がし、ブラを取ってみると想像以上の美乳があらわれた。

ふわふわのマシュマロみたいな美乳は触り心地も最高で色が透き通るように白くていやらしい。薄いピンクの乳首に吸い付き舌でレロレロして、もう片方の乳首を指で軽くつまんでみる。

いやんっ!あぁぁぁ…

パンティのなかに手を入れ、ワレメを触ってみると…もうぐちょぐちょの大洪水です。

「すごく濡れてるよ。」

いや。言わないで!!

ほのかちゃんのパンティを脱がし、太もものガードを受けながらも強引に体を入れ、クンニします。

やだっ…シャワー浴びてないし…汚いよぉ…いやあぁぁぁん

ワレメを舐めながらほのかちゃんの顔を見ると、快楽によがって苦悶した表情が見えます。俺はそれを見てますます興奮し、べチャべチャとクンニをしつこいくらいに続けます。

もう..おかしくなりそう….早くおちんちん入れて…ください….

瞳をトロンをうるませ、おねだりするほのかちゃんの顔がかわいい。

「バックでしようよ。四つんばいになって」

ほのかちゃんを四つんばいにして、お尻をつきだすように要求。
そして僕は何も着けずにちんぽを挿入しました。

ああんっ!

ほのかちゃんが体をのけぞらせて、嬌声をあげます。

メガネをしているほのかちゃんの顔がみえないのは残念だけど、夢が叶った瞬間に大満足です。

ほのかちゃんの腰をつかんで、パンパンと激しく腰を打ち付けます。

いやぁぁぁん….気持ちいいぃぃよぉぉ…

僕がズンっと突くたびに、ほのかちゃんは喘ぎながら体を震わせます。気持ちよすぎるのか四つんばいの姿勢が保てなくなったので、僕は一度アソコからちんぽを抜きました。

ほのかちゃんはもうぐったりです。重そうな体をあおむけに寝かせて、今度は正常位で挿入。

ああぁぁぁんっ!

ほのかちゃんが悦びの声を上げながら僕にしがみついてきます。

いやっ!イク!イっちゃうよ….

ほのかちゃんのアソコがギュっと締まり、僕も気持ち良くなってきました。

「やばい…出る…」

ほのかちゃんのアソコからちんぽを引き抜きお腹の上に精子を発射しました。見るとほのかちゃんのメガネにも精子のしぶきが….

そんなわけで今ほのかちゃんとお付き合いをしていて、月に2回は会ってセックスしています。

 

PCMAXは今、女性誌に広告をめちゃくちゃ出しています。その効果もあってPCMAXには女性会員がいっぱい入会しています。そんな出会い系初心者の女性はねらい目です。彼女をゲットするなら今がチャンスです。

PCMAXは会員登録するだけで、600円分のポイントがもらえちゃいます。ポイントをもらうには年齢確認が必要ですが、クレジットカードで100円分のポイントを購入するか、身分証の提示でOKです。

 

ちょっとだけ想像してください。あなたが今PCMAXに登録して、可愛い彼女が出来たら…

柔らかくて白い肌、大きくて柔らかいおっぱい、うるうるした唇に知的そうに見えるメガネ、白くてむっちりした太もも、そしてピンク色に光ったオマンコ…全てあなたが好き放題にしていいんですよ。

溜まった欲望のまま、思いっきり腰を振りまくって彼女を何回も絶頂に導いちゃいましょう。

 

今、行動しなければ他人に女の子を取られますよ。

>>【無料】PCMAX会員登録へ(18禁)
※600円分のポイントプレゼント中